2021年4月7日水曜日

「今年の抱負」Part25 井上和奏

 日頃よりお世話になっております。法学部法律学科新4年マネージャーの井上和奏と申します。

この部でマネージャーとして活動させていただき、早くも3年が経とうとしています。 特大サイズの鍋や、切る野菜の量に驚愕していた頃がつい最近に感じますが、この3年間は私にとって変化の時期でありました。今年のスローガンは「革新」でありますので、個人的な今までの変化、今後への革新を宣誓する文章を綴らせていただきます。

高校時代はダンス部に所属しておりました。「上級生の言うことは絶対」といった体系がとられており、理不尽な叱責に耐えること、先生方より権力の強い先輩に気に入られるように動くことに疲れ果てた当初の私は、部の革新はおろか日々の行動や言動について考えることを辞め、組織の末端としてなるべく目立たないように活動しておりました。 

大学へ進学が決まり、高校の経験から組織というものに恐れを感じ、勉学に打ち込もうとしておりましたが、どこか心の中で高校での活動に対して後悔が残っていて、いてもたってもいられなくなり、大学でも体育会に所属することを決意致しました。 


それからの2年半の私の行動や価値観の変化は今まで掲載されたブログでの記述の通りです。 抱負として掲げ続けている「自分の残した雰囲気や価値がいい流れを作ってマネージャーが楽しくやりがいのあるものになってほしい」という考えは今年も変化することはありません。

後輩のマネージャー達にも日々革新を止めず、より選手に寄り添い、OB・OGや関係者の皆様に応援されるチーム作りを行って貰いたいという気持ちであります。 あと1年、できることを全力で取り組んでいきたいと考えております。


選手が成績を残すように、私たちマネージャーチーム一同、革新的な価値を残して参りますので、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。 






今年の抱負リレーは以上になります。
目標に向け部員一同精進して参りますので、今後ともご声援の程宜しくお願い致します!

「今年の抱負」Part24 横山直人


こんにちは、理工学部機械情報工学科新4年の横山直人です。

今年の抱負は、環境への適応力を身につけることです。

コロナがまだ終息していないため、私たちは限られた環境下での活動を強いられています。当初の予定よりも活動日数は減り、全日本総合優勝という目標が少し遠のいたように感じてしまいました。というのも、もともと練習量で上位の大学との差を縮める予定だったので、いきなり大きくつまづいてしまったように感じたということです。
なので、現在私たちが全日本で優勝するために考えなければならないことは練習日数が取れないという今の環境でなにができるのか、何をすべきなのかを的確に判断することだと思っています。新4年生として、部を優勝に導くには今の環境への適応力を身につけることが重要になってくると考えます。


また、大学卒業が間近になり、就活をしなければならない時期になってきました。将来フリーランスで働けたらいいなと思っているので、そのための近道を現在模索しています。フリーランスで働く上で考えなければいけないことの一つとして、顧客の需要を考えることが挙げられます。コロナの影響による需要の変化にはなかなか興味深いものがありました。
オンラインで色々やることが根付き始めたいま、コロナがおさまったら一体どのような市場が生まれるのでしょうか。コロナをきっかけに社会的にも大きな環境の変化が生まれることと思います。だからこそ、環境への適応力は将来的にも必ず役に立つ能力であり、身につけたいと思いました。

 私はこの抱負を元に、最高のチームを作ることに励みたいと思います。OBの方々、これからも怨念のほどよろしくお願いいたします。