2020年12月3日木曜日

新入生自己紹介ブログ④

 理工学部機械工学科1年、470クルーの山口 寛太です。


私は8月の頭から、ヨット部の活動に参加させていただき、11月末で4ヶ月となります。私がヨット部に入部させていただいた主な理由は、海が大好きだからです。いつかマリンスポーツを行いたいという思いから入部を決断いたしました。


ここで、簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。

私は、サレジオ学院高校出身でバスケ部に所属しておりました。NBAが本当に好きで、将来的にはアメリカに行き、実際に試合を見てみたいです。今年のプレーオフは私の応援しているMiami Heatがファイナルまで勝ち進み、惜しくも決勝で負けてしまいました。


自己紹介はここまでとさせていただき、先日、4年生の先輩方が引退されました。

4年間ヨットという競技に真剣に向き合い高め合う先輩たちの姿は正直カッコよく感じました。

私も自分なりに目標を決めて高めていきたいです。





2020年12月2日水曜日

新入生自己紹介ブログ③

 初めまして、理工学部建築学科1年の吉富空です。


元より建築学を志望しており、社会に生きる人々がより自分と向き合えるような場所や空間を創りたいと思ってます。


ヨット部では現在スナイプ級のスキッパーをやらせて頂いていますが、最近はスナイプ級のスキッパーとクルー両方の練習をしています。クルーの練習をすることでヨットの走らせ方をより理解することができるので、スキッパーをしている身としてもやりがいがあります。スキッパーでは主に動作を重視して練習しています。自分の専攻との両立を頑張りたいので、人より練習時間が取りづらい分、人とは違う方法や考え方で練習やヨットに向き合って行く所存です。


大学生活では今年度はコロナ禍に後期の対面授業が4つのみとなってしまい、満足な学生生活を送れていない中、ヨット部での活動は大変な部分もありますが、改めて自分が何かに打ち込める環境があるということのありがたみを実感しました。

ヨット部の活動で人や部に良い刺激を与えれるよう努力しますので、応援のほどよろしくお願い申し上げます。






2020年12月1日火曜日

新入生自己紹介ブログ②

 初めまして。政治経済学部経済学科1年の村上和寿です。


11月から練習に参加させていただいております。他の同期より遅く入部したため、早く追いつけるよう先輩方の御指導の下頑張っております。


現在新型コロナウイルス感染者が再び増加しており、練習が規制される可能性がある状況です。体調に十分気をつけ、自分のできる限りを尽くす所存です。


簡単に自己紹介をさせて頂きます。出身校は栃木県立宇都宮高等学校で、陸上(8種競技)をやっていました。陸上は小学校の頃から続けており、全国大会出場経験もあります。明治大学に進学するにあたり、陸上を続けるという選択肢もありましたが、新しいスポーツを始めたいという気持ちが大きく、今まで全く縁の無かったヨット部に入部することにしました。


逸早く部に貢献できるよう努力していきますので、どうか御指導御鞭撻のほどよろしくお願いします。





2020年11月30日月曜日

新入生自己紹介ブログ①

 政治経済学部経済学科の成田博陽です。明治大学付属明治高校出身です。


小学2年生から高校卒業まではずっと野球チーム、野球部に所属していました。ピッチャーやファーストもやりたいと思い、何度かチャレンジしたのですが、あまり上手くいかなく、ポジションはずっと外野でした。


大学に入り、野球ではなくヨットを選んだのは、大学に入ってからでも日本一を目指すことができるスポーツであると聞いたからです。大学に入学したばかりの4月、僕は新しいスポーツをしたいと思い、部活やサークルを探していました。そんな時にたまたま見つけたヨット部の試乗会に参加し、楽しかったこと、そして先輩、同期がいい人ばかりで、この人たちと同じ部活で頑張りたいと思い、入部を決めました。正直、入部にあたって、ヨット部にするか、ヨットと似たスポーツであるボードセーリング部にするか、相当悩みました。決め手はボードセーリングが個人スポーツなのに対し、ヨットが2人で協力するペア競技だったことです。


この選択は正しかったのか今でも分からないし、たまにこの選択を後悔することもあるけれど、引退するときにヨット部を選んで良かったと思えるようにしていきたいです。


僕の所属する政治経済学部では秋学期から対面授業が始まりました。僕のクラスでは、火曜日の1限にフランス語、4限に体育の授業があります。1限と4限の間の空きコマの時間にはクラスで仲良くなった友達と東京のさまざまなところを観光する計画を立てています。先週は高尾山に紅葉を見に行きました。紅葉もきれいでご飯も美味しく、最高の滑り出しになりました。そして何より、大学生らしいことができて、ようやく楽しいキャンパスライフの始まりを実感しました。


現在、ヨット部に入部してから4ヶ月ほどが経ちましたが、未だに分からないこと、できないことだらけです。しかし、その分、毎日新しい発見をすることができ、週二回のヨット部をとても楽しみにしています。


これから先、3年間ほどヨット部員として活動しますが、毎日を楽しむという感覚は忘れず、持ち続けていきたいと思います。そして、日々、日本一という目標を意識しながら努力していきたいと思います。よろしくお願いします。





スキッパーの経験

  こんにちは。農学部農学科三年の溝口真由です。

本日はやや強めの北風から午後にかけて落ちていく風の中練習を行いました。


今週は海に出れるスキッパー が少なかったことから、二年生を中心とした下級生にスキッパーを経験させることを目的とした練習を行いました。

私自身はクルーとして乗り、ほぼ初回の後輩に一からスキッパー動作を教えることに奮闘しておりました。結果、朝に比べて動作や走らせ方が格段に良くなったと実感しております。北風の走らせ方は難しいですが、頑張って吸収しようとする姿に大きな伸び代を感じました。


しかしその反面、セールセットなど自分のクルーワークが疎かになってしまう余裕の無さが出てしまったので、如何なる時も先ずば自分の仕事を怠らないように気を引き締めて参ります。


また、後輩にはスキッパーをただするのではなく、自分が舵を持つ船で"勝ちたい"と思いながら練習を行うことで更なる成長を遂げて欲しいと期待していますし、私自身も教えることやスキッパーを通して新たな発見をしていこうと思います。



本日は吉田監督、波田コーチにお越しいただきました。沢山のご指導ありがとうございました!


今年の練習は残すところあと2クールとなりましたが、一日一日を充実させて着実に目標に近づいていこうと思います。

2020年11月29日日曜日

全日本個人選最終成績

 こんにちは、法学部法律学科3年の井上和奏です。


昨日から本日にかけて蒲郡沖で行われました、2020年度全日本学生ヨット個人選手権大会の470級最終成績をお知らせいたします。



470 54

24_4721 武井④/坂本③(1~4R)・小柴③(5~6R)

 [7_8_17_8_39(CUT)_28] 68 14

23_4672 齋藤④/鈴木③(1~4,6R)・久保田④(5R)

[12_11_20_16_41(CUT)_29] 88 21


1位 同志社大学 大石/三浦 17

2位 日本大学 小栁/中村 23

3位 中央大学 小西/岩田 30

4位 慶應義塾大学 小木曽/兼子 33

5位 日本大学 本多/狩野 36

6位 早稲田大学 西村/新井 36



ご声援いただきありがとうございました。

全日本個人選遠征3日目

 


こんにちは、政治経済学部政治学科新四年の鈴木です。


470チームは2艇が全日本学生ヨット個人選手権大会に参加しており、本日はレース1日目でした。


私はOBの大雅さん、久保田さんとペアを組み今大会に出場しています。約1年半程一緒に乗ってきたこの2人の先輩と全個に出場することができ、とても嬉しく思います。


初日の今日は北風7-9mのコンディションでした。この大会での個人的な目標は、大雅さんといい順位で終えること、残り1年の自分の成長の布石にすることとしていました。


レース内容的には、強風コンディションの中で4レース中2レースはスタートに成功し、コースが引きやすい展開、逆に他の2レースはスタートに失敗し、引きづらい展開でしたが点数的には全て20番以内でまとめることができました。


来年からの自分に活かすため、レース中も大雅さんの船の動かし方や動作に注目して1つでも多くを吸収しようとしています。1上の順位が悪い時も、レース中の一瞬の判断で順位を上げられた場面が多く、その判断力の部分が自分に足りていないことを実感しました。




明日で最終日となりますが、現在自分たちが13位、武井さんが6位となっています。

最後まで諦めず入賞を狙っていきますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。







2020年11月28日土曜日

新体制とコロナ

こんばんは。理工学部機械情報工学科新4年の横山です。本日は新体制が始まってからの練習についてとコロナウイルスの感染者数の上昇に対して、どう考えてるかを述べようと思います。


 ここ最近はコロナウイルスの影響で470級とスナイプ級で分かれて練習しています。本日は470級の全日本個人戦があったため、少ない人数での練習となりました。風の強さは平均6mほどで、かなり強弱が強く、最大で14mの風が入っていました。2艇で滑り、サークリング、マークラウンドを行い、下級生の強化をメインとした練習をしました。年内は下級生を育成することを中心に練習をする方針で、部内の底上げを目的としています。去年に比べスキッパーの層が薄く、レベルの高い練習ができないというのが現状で、勝つチームを作るという意味でも底上げはかなり重要なファクターになると個人的には思っています。成長の度合いは各個人に依存するものだが、上級生としてより成長できる環境を作ることを優先していきたいと考えてます。

 







 次にコロナについてですが、新体制が始まって早々、コロナウイルス感染者数が急激に上昇してきました。この影響により、現状470級とスナイプ級が分離されてしまいました。これは部の土台が完全に出来上がってない自分達にとってはそこそこの痛手で、4年全体で話す機会が減ったり、チームの人数が減ることで、統一感が弱まったりしています。世間的に仕方ないことであり、他大学も同じ条件のように感じますが、やはりセレクションの少ない明治大学にとっては総合優勝を目指す上での土台作りには多くの時間を要します。より早く上のレベルで戦えるチームを作るためにも早くコロナがおさまることを願っています。

全日本個人選1日目暫定成績

 こんにちは、法学部法律学科3年の井上和奏です。


本日から蒲郡沖で行われております2020年度全日本学生ヨット個人選手権大会の4701日目暫定成績をお知らせいたします。



470 54

24_4721 武井④/坂本③ [7_9_8_17_8] 40 6

23_4672 齋藤④/鈴木③[12_11_20_16] 59 13


1位 同志社大学 大石/三浦 16

2位 中央大学 小西/岩田 20

3位 日本大学 小栁/中村 22

4位 関西学院大学 藤原/福井・室谷 33

4位 慶應義塾大学 高宮/出本 33

6位 明治大学 武井/坂本 40

6位 日本経済大学 河崎/永田・宮崎 40

8位 日本大学 本多/狩野 41



以上です。

2020年11月27日金曜日

全日本個人選遠征2日目

 こんにちは、新4年470クルーの坂本です。

私たちはいま、全日本個人戦で愛知県蒲郡市に来ています。

本日は大会前最後の練習で、早稲田大学さん主催の合同練習に参加させていただきました。

陸に囲まれた蒲郡特有の風の振れを肌で感じることができ、有意義な前日練習となりました。





私は今回レースに武井さんと出させていただきます。1年生の11月の秋季六大学戦から約3年間乗り続けた私たちのペアの最後のレースです。

これまでお世話になった武井さんと、最後にいい景色が見えるように優勝目指して頑張ります。