2020年2月21日金曜日

久々の合同練習

こんにちは、法学部法律学科新3年の小柴涼摩です。

本日は、朝から風速78メートルの順風でした。

本日は10時から慶応大学主催の合同練習に参加させていただく予定で朝8時に出艇し、合練までの時間はすべりやマークラウンドの練習をしました。そして、そこから合同練習を行いました。

合同練習では久しぶりの実践に近いコース練習をし、自分達の課題や反省点が明確になったので有意義な練習になりました。この練習を今後にいかせるようにしていきたいと思います。

午後はかなり風が落ち、23メートルの風のなか練習をしました。

午前中にはすることのできなかった、基本的な動作の確認や明治大学内でコース練習を行いました。

多くの艇数での実践に近い練習も大切ですが、基本的なことも疎かにせず、大切にしていきたいです。









最近は昼にあがらず1本練習をする事が多くなり、海の上にいる時間はかなり長くなりました。


春で全日本インカレに向けた下積みをしっかり積んでいこうと思っていますのでご指導ご声援の程よろしくお願い致します。

2020年2月20日木曜日

ブログリレーPart13 鈴木健太

こんにちは、政治経済学部政治学科新3年の鈴木健太です。

昨年は自分自身とても密度の濃い1年間でした。春、秋インカレともレギュラーとして出させていただき明治の代表として勝負をする責任感やプレッシャー、それを上回る楽しさを経験させていただきました。ただ、それと同時に悔しさも多く経験しました。インカレには出させていただきましたが、結果は満足できるものではなく、自分の至らなさを痛感しました。そして13年ぶりの総合入賞を果たした全日本インカレ、自分は観覧艇から見ていました。チームの目標にずっと掲げてきた全日本総合入賞を達成するメンバーに選ばれなかった。正直嬉しいよりも悔しいが少しだけ勝っていました。

しかし、インカレが終ってすぐ代交代となり新三年生になりました。上級生となりました。これからは自分の成長に加えて部活全体のことも考えていかなければなりません。今まで先輩たちにおんぶに抱っこで、自分のことで精一杯だった私ですが、幸い同期に恵まれました。1人で考えていても微力、個性豊かな仲間たちと協力しあって、先輩を支えながら部を良い方向に持っていきたいと思っています。

新年度、私たちはもう一度全日本総合入賞を果たします。そこに私はレギュラーとして貢献します。新年度の明治は上を狙える可能性が十分にあると思います。ただ、それと同時にとても脆い部分も併せ持っています。現状に満足できている部員はいないと思いますが、まだまだ未熟な現実を受け止めて日々邁進していきます。

私はチームで目標を達成するために本気で努力する楽しさを求めて入部しました。昨年度の悔しさも本気で努力した結果のものだと思います。勝負事を本気で楽しむには強さがいる。学生生活残り2年間。1年生の時の自分の期待に応えられるよう、この2年間部活に打ち込み、この競技を本気で楽しめる強さを得たいと思います!

末筆にはなりますが、いつもヨット部の活動にご支援ご声援をくださっている監督コーチ、OBOG、保護者の皆様ありがとうございます。新年度はさらに愛されるチームになります!これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。




次回はキュートなくるくるパーマとプルプルの唇、欲張りボディを併せ持つ明中が産んだ奇才、いやもはや「奇」。新三年スナイプクルーの織田悠輔です!ご覧ください!




ブログリレーPart12 岡本錬

こんにちは、総合数理学部現象数理学科新3年の岡本錬です。

私は現在スナイプスキッパーをさせて頂いています。まだまだ未熟ですが、いる事でチームの競争をもっと活発にできるような存在になりチームに貢献したいです。
また、今年度から渉外補佐として新4年の小林先輩と仕事させて頂きます。OBOGの方々と共にこの部をより大きくしていきますので、これからよろしくお願い致します。

今年度はインカレ出場、関東個人戦30位という目標を達成するために、普段からもっとレースを意識した練習を行っていきたいです。




次は天が二物を与えなかったイケメン、新3年470クルーの鈴木健太です!
是非ご覧ください!

2020年2月19日水曜日

ブログリレーPart11 川口莉子

こんにちは、商学部商学科新3年の川口莉子です。

私がこの明治大学体育会ヨット部に入部してから、あと少しで2年が経とうとしています。大学でのヨット生活も折り返しを迎え、この2年間で自分はどれだけ成長したのだろうと最近よく思います。

私は高校からこのヨット競技を始めました。入部するまで競技のこと、そして存在すら知りませんでした。それでも、長崎の澄んだ綺麗な海で風を自在に扱って帆走する先輩方に憧れ、この競技を始めました。顧問の先生やコーチングしてくださったOGの先輩方のご指導と、そして一緒に競技をしてきた同期に支えられ、インターハイ、国体で結果を残すことができました。それでも優勝することを諦めきれず、進学することを決めました。大学でも競技を続けさせてくれている両親には、心から感謝しています。

ヨット競技を始めてから、いろんな艇種に乗ってきました。高校時代、インターハイではFJ級、国体では420級、大会には出ていませんが、練習の中でシングルハンドにも乗せていただいておりました。また大学ではスナイプ級のクルーから始まり470級のスキッパー、昨年の秋女子インカレでは470級クルーとして出場し、現在はスナイプ級のスキッパーをさせていただいております。振り返ってみると、ここまでたくさんの艇種、ポジションについていたのかと驚きました。

今年度の目標は3つあります。まず1つ目は全日本インカレにレギュラーとして出場し、部の目標である『総合入賞』に貢献することです。昨年は470チームに所属しておりましたが控えメンバーにもなれず、海上で応援することしかできない無力な自分がとても悔しかったです。今年こそは実力をつけ、レギュラーメンバーとして西宮で勝利に貢献したいです。
2つ目は全日本女子インカレでタイトルをとることです。入部当時は自分を含め4人しかいなかった女子プレーヤーも、現在では7人にまで増えました。昨年までは片クラスのみでの全日本女子インカレ出場でしたが、今年は両クラスでの出場、そしてタイトルを狙える実力があると思っております。また今年度は葉山の海面でレースが行われるため、普段の練習の成果を出せるよう練習に励んで参ります。
3つ目は全日本個人選手権への出場、そして入賞することです。470級で挑んだ昨年は関東枠で18位以上通過のところ、あと15点足りず19位で全日本個人選手権に進むことができませんでした。他大学の同期の選手が通過していたり、上位艇との点差やレース内容のことを考えるととても悔しい思いをしました。ほとんど体験したことのないビッグフリートで上位に入ることはとても難しいです。しかし、明治大学内から個人選手権に出場する艇数が多いほど、全日本インカレでどれだけ通用するのか、また自分の実力を痛感すると思います。自分自身のレベルアップ、そして明治大学の底上げのためにも今年こそは全日本個人選手権に出場し結果を残したいです。

以上の3つが今年度の私の目標です。どれも簡単なことではないと思っています。ですがその理想を実現できるよう、今まで以上に努力して参ります。また、3年生という上級生としての振る舞いも今後は求められます。目標達成へ向けて、自分にできることは何か、今すべきことは何かを考え行動していきます。

こんな下手で長い文章をここまで読んでいただき、ありがとうございます。今後とも変わらぬご支援、そしてご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。




次回は、「見た目は子供、頭脳は大人」な一般生スナイプスキッパー、新3年のコペルこと岡本錬です!お楽しみに!!

ブログリレーPart10 小柴涼摩

こんにちは、法学部法律学科新3年の小柴涼摩です。

自分は高校からヨットを初め、セレクションとして明治大学に入学させて頂きました。
現在は470級のクルーをさせて頂いています。

新年度の抱負は増量をしてどんなスキッパーと乗っても勝てるようなクルーになる事と、全日本インカレで2年連続入賞出来るようにチームに貢献することです。




次回は元470で共に過ごし、現在はスナイプスキッパーとして活躍している長崎弁で明るく元気なセレクション同期の新3年生川口莉子ちゃんです。
是非ご覧ください!

2020年2月18日火曜日

ブログリレーPart9 大田ひかる

こんにちは、商学部商学科新2年の大田ひかるです。

試乗会でみたヨットに乗る先輩たちに憧れて入部しました!
新年度は自分がヨットに乗っている時間を大事にして、みんなに劣らないクルーになるのが目標です。



次回はおちゃめだけどヨットに乗ってる時はとってもかっこいい470クルーの小柴涼摩先輩です!是非ご覧ください!

ブログリレーPart8 八木栄樹

こんにちは、理工学部機械工学科新2年の八木栄樹です。

私が明治大学体育会ヨット部に入部した理由は、サークルが多すぎて選べず困っていた中、先輩方の熱心な新歓に惹かれて入部しました。

新年度の抱負としましては、先輩方のスキルを吸収して、いち早く正規クルーになることです。
新三年生に同じポジションが4人もいらっしゃるため、その方々に勝てるくらい努力すればレギュラーも夢ではないと思っております。



次回は女子470クルー唯一の一般生、見た目は女中身は男、男勝りな新2年大田ひかるです。

2020年2月16日日曜日

春合宿の大きさ

こんにちは、経営学部経営学科新2年の河野剛大です。

本日は、午前4m6mの北風、午後2m4mの北風が吹いていました。470スナイプ共に午前午後と動作練習やスタート練習、ショートコース練習を行いました。

私は本日、クルーとして新2年生スキッパーの冨永と新3年生スキッパーの溝口さんと乗らせていただきました。本日は微風から順風の中でタック後の移動までのためやヒールバランスが一回一回バラバラになってしまったので、今後はよかったタックを継続してできるように形を固めたいです。
また、微風ジャイブの際にアンヒールをもっとかけ船を回す意識を常に持ち続けたいと思います。
さらに、今合宿を通じてスタートの際にスキッパーからの指示を待つのではなく、積極的にアクションを起こし、他艇やスタートラインまでの情報を密にスキッパーと共有することによりスタートでのジャスト、フルスピードを可能にすることを実際に理解でき大きな収穫を得ることができました。
まだまだ未熟な私が理想のクルーに近づくための階段を一段一段上がっていけるように、残り1ヶ月半の春合宿を無駄にすることなく常に吸収をモットーに練習に励んでまいります。

また、本日は吉田監督にお越しいただきゴムボートからご指導いただきました。

雨も降り寒い中、ありがとうございました。




春合宿も第2クールが終わりました。この2ヶ月間の春合宿は個人としてもチームとしても伸び代が無限にある期間だと思います。この春合宿を通じチームの結束力、実力を高めることが秋のインカレの結果に直結してくると思います。

今後ともご指導、応援のほどよろしくお願い致します。

2020年2月15日土曜日

重ねる練習

こんにちは、商学部商学科新3年の川口莉子です。

本日は、1〜4m/sの風の中練習を行いました。朝は50〜60°の北風が入っていましたが、風がなくなり次に入る風は270°の西風とシフティーな風でした。また、微風だったためブローを見つけられるかが勝敗を分けました。

今クールは軽風コンディションが続いており、両クラス共に艇数が少ないためコース練習を行う際は一緒にスタート練習をしています。私は年末に470級からスナイプ級にコンバートしたのですが、軽風のときはとくに船の重さやスピード感の違いをとても感じます。470と一緒にスタート練習をしていると、上寄せをされてルームをつぶされたり、ジャストスタートでトップスピードであっても艇速差で追いつかれ、追い抜かれてしまいます。

本日は最上級生が就活のためおらず、下級生のみの練習でした。後輩クルーと一緒に乗って感じたことは、体の使い方がまだまだだということです。タックやジャイブなどの基本動作はもちろん、スタート前の加速動作にしてもうまく体を使えていない、もっと減速しないように、加速できるはずなのにタイミングはロールのかけ方で止まってしまいます。タイミングを教えるのはとても難しく、お手本を見せてあげたくても自分には理想の動作を再現できないので、1日を通して歯がゆい気持ちでした。どうすれば止まらないか、どうすれば加速につながるのかをペアでしっかり考え、今後の課題として軽風コンディションの練習を重ねて参ります。

また、本日はOB会長と吉田監督にお越しいただき、ゴムボートからご指導いただきました。ありがとうございました。



先合宿に比べとても暖かく、セーリングがしやすい天気が続いています。その反面、体調を崩す部員も増えてきています。とても長い春合宿はまだ始まったばかりです。今後も体調には気をつけ、少しでも上達できるよう練習に励んで参ります。

今後も変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

2020年2月14日金曜日

微風の中で

こんにちは、情報コミュニケーション学部情報コミュニケーション学科新3年の織田悠輔です。

本日は14mの北風の中練習を行いました。微風の中船を走らせるというのは集中力が必要です。
更に北風というのは風の振れが大きいという特徴もあり振れに合わせたタックが必要となってきます。
北風の微風は船をスピードに乗せて走らせることが難しいことに加えタックを多くしなければならないという特徴があり、最も難しい風だと考えています。
今年の全日本インカレの開催地である西宮が似たようなコンディションになることが予想される中で如何にスピードを落とさずにタックをするのか等、とても集中をして一日の練習を行いました。

私としましては微風の動作に不安がありましたが、今日の練習で上達が出来たと感じました。
しかし動作に集中し過ぎて他のことを疎かにしてしまうこともあったので、まずは自分の出来ないことに集中しそこを克服しそれが自然にできるようになっていければと思います。
一日一つでもなにか出来るようになっていければと考えています。春合宿が終わる頃にはもっと戦力になれるように頑張りたいと思います。







今年は暖冬の影響かもうすでに暖かさを感じていて練習をしやすい環境になってきています。
これからも一層練習に集中して取り組んでいきたいと思います。
今後ともご声援のほど宜しくお願いいたします。